頭が痛いと何もやる気が起こらない

私も寝不足のときなど、たまに頭痛がするのですが、頭が痛いと本当に何もやる気が起こりません。

ひどい人は吐き気に悩まされたり、実際に吐いてしまう人もいるほどです。

だいたい皆さん、ひどい肩こりもお持ちですが、首肩まわりを調整することで、「寝込むような頭痛はなくなった」「そういえば最近頭痛がなくなっている」という感想をいただくことが多くなりました。
 

ただし頭痛は重篤な病気の可能性もありますので、必ず専門の医療機関で医師の診察を受けて下さい。

整体や鍼灸を試してみるのはその後にして下さい。

 

頭痛の治療は肩甲骨とアゴが重要

筋緊張性頭痛というタイプの頭痛があります。
 

これは筋肉が緊張しすぎることによって、簡単に言うと「肩こりがひどくなって起こる頭痛」です。

首肩まわりを簡単にマッサージするだけでも軽くなるケースも多いですが、効果を持続させるためにはもう少し踏み込みます。
 

肩甲骨が背中に張り付くように固くなることで、首肩のコリはさらにひどくなります。

まずはこの肩甲骨を背中からはがすような整体を行います。
 

そして頭痛において、もう一つ大きなポイントとなるのが「顎関節(アゴ)」です。

食いしばりや夜中の歯ぎしりなど、強く噛みしめることでアゴまわりの筋肉が固くなるので、これをゆるめます。
 

あなたが頭痛でお悩みで、肩甲骨とアゴまわりを整体されたことがないのであれば、ぜひ当院独自の「頭痛整体」受けていただきたいと思います。

 

あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師 稲田靖人 監修