あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師 稲田靖人監修

肩こりの改善のために当院がしていること

肩まわりの “全て” の筋肉をゆるめます

肩甲骨をはがします


マッサージしているときは気持ちいいけどすぐに戻るのはなぜ?

こっている筋肉をグリグリとマッサージすると、そのときは気持ちが良くてスッキリした感じがします。

しかしそれは一時的に筋肉の感覚がマヒした状態で、しばらく経つと感覚が戻ってきます。

それが「すぐに戻る」という理由です。

鍼を刺してもすぐに戻る

これも同じ理由です。

鍼ならば深いところにも届くというのは間違いありません。

しかし肩まわりの筋肉の中には肋骨にべったり付いているものもあり、鍼を刺すのは危険なために鍼の場合も一部の筋肉しかゆるめていないからです。

肩甲骨が背中に貼り付いたまま

肩甲骨は腕を動かすときに一緒に動く骨です。

しかし長時間のデスクワークや勉強により、背中にへばりついて動かなくなてきます。

これをはがさないと、肩こりが楽になることはありません。

 

当院の肩こり改善のための施術

当院の施術はバキバキしない整体です。

指で筋肉をグゥ~を押さえてゆるめることがメインで、痛気持ちいいという感じの刺激です。

 

肩こり改善の施術は整体のみで行います。
(基本的に鍼は使いません)


 

 

肩こりはマッサージでは治らない?

肩こりはマッサージでは治らない?
 

肩こりがひどい患者さんが、初診時によくおっしゃる言葉。

「マッサージにいっても、その時は気持ちいいけどすぐ元に戻る」
 

これは施術する側が治すことではなく、「気持ちいい」と感じることを目的にマッサージしているから、ある意味しかたないことではあります。
 

「こり」の強い筋肉は、重だるさや痛みなどを感じます。

その筋肉をグリグリと刺激することで感覚神経が刺激され興奮します。

神経が興奮すると不快感を感じにくくなります。麻酔と同じような効果だと思ってください。
 

しかしその神経の興奮は時間とともに落ち着いてきます。

するとまた同じように不快感が戻ってきます。
 

最初から、不快感の元になっているものが何も変わっていないのです。
 

その「元になっているもの」は、姿勢や体の使い方によって起こっている歪み・筋肉の緊張・関節の癒着などです。

このような体の状態を、あるべき状態に変化させないと根本的な改善はありません。
 

当院では、こっている首や肩をグリグリとマッサージするような施術はしませんが、このような肩こりの原因となっている体の状態を変化させていく整体を行っております。

 

「肩の高さが違う」のも肩こりの原因となる

「肩の高さが違う」のも肩こりの原因となる
 

「写真を撮るときに『肩の高さを揃えてください』ってよく言われます」

これも肩こりの患者さんからよく聞く言葉です。
 

肩の高さが違う原因は、次の2つです。

  • 背骨が歪んでいる
  • 肩甲骨の位置が左右で違う

 

背骨が歪んでいる

まず背骨の歪みが原因の場合。

ほとんどの人が、土台となる骨盤が歪んで傾いているので背骨も歪みます。

大きくCのように歪んでいたり、Sのように歪んでいたりします。

体が傾いているので肩の動きは左右で違ってきますし、負担がかかりやすくなって肩こりの原因となります。
 

この場合、骨盤の歪みを整えて背骨を調整します。

 

肩甲骨の位置が左右で違う

肩甲骨とは、背中にある腕の土台となる骨です。

腕を動かすと、肩甲骨も同時に動きます。
 

体が傾いていると当然肩甲骨が左右で位置が違ってきます。

しかし、ただ傾いているだけではなく、肩甲骨そのものの動きが悪くなっている場合があります。

人によっては、全く動いていない場合もあるのです。
 

肩甲骨を動かすための筋肉が肩こりで辛い筋肉なので、肩こりと肩甲骨は切っても切れない関係です。

この肩甲骨をきちんと動くようにすると、あるべき位置に戻り左右が揃います。

 

複合的に関係している

背骨と肩甲骨を分けて説明しましたが、どちらかひとつだけが問題というこはあまりありません。

ほとんどが両方とも問題を起こしています。
 

そのため当院の肩こり改善のための施術は、骨盤・背骨の歪みを整えてから肩甲骨の動きを改善させます。

 

肩こりは肩甲骨が最大のポイントになる


 

肩甲骨は背中にある骨で腕の土台となり、腕と連動して動きます。

体幹に乗っかっているだけで、筋肉で体幹に繋がっているという構造なので非常に動きの自由度の高い骨です。
 

肩こりで辛く感じる筋肉は、ほぼこの肩甲骨に関係するものです。

肩甲骨が本来あるべき動きをしていることが、肩こり改善の最大のポイントとなります。
 

「本来あるべき動き」と言いました。

そうです。

肩こりのひどい人というのは肩甲骨が背中に張り付き、本来の動きができなくなっています。
 

子供のころって、手を後ろにまわすと肩甲骨が「天使の羽」のようにバコッと出てましたよね。

大人になって肩甲骨が見えなくなっているのは、何も脂肪に埋もれているだけではないのです(笑)。
 

日常生活において特に意識しなければ、そんなに大きく腕を動かすことってありません。

また、現代では肉体労働よりも頭脳労働、デスクワークが多くなっています。
 

背中を丸くして座っていると、肩甲骨は背中に押しつけられている状態になります。

その状態が長時間、長期間続くと肩甲骨は背中にべったりと貼り付いたようになり動かなくなります。
 

ただ動かなくなっただけならまだしも、足を組んで座るクセがあると左右で違う位置に肩甲骨が固定されてしまいます。

肩の高さが違う理由は背骨の歪みだけでなく、同時に肩甲骨も問題を起こしている場合がほとんどです。

 

肩甲骨の動きを改善させる

背中に貼り付いて動かなくなっている肩甲骨の動きを取り戻すために「肩甲骨はがし」を行います。

イメージとしては、擦り傷のあとに出来る「カサブタ」をゆっくりペリペリはがしていく感じ。
 

肩甲骨を微妙に動かしながら、貼り付いている部分を丁寧にはがしていきます。
 

貼り付いている肩甲骨がはがれ、本来の動きができるようになったとき、いままでにない肩の軽さを感じることができます。

 

「ストレートネック」は病気ではない


  

「整形外科でストレートネックと言われました。」
 

肩こり、首の痛み、頭痛、手の痺れ、等々……

整形外科を受診してレントゲンを撮ったら、本来少し前に反るようになっているべき頸椎が真っ直ぐ。

ストレートネックですね。これが原因かもしれませんね。
 

間違いなくひとつの要因であると思います。

しかしストレートネックは直ります。

治ります、ではなく直ります。
 

単に姿勢の問題だからです。

ストレートネックになる原因

自然な状態だと頸椎は前へ反ります。

顔を上に向けると、頸椎はより強く前に反ります。

顔を下に向けると、頸椎は真っ直ぐになります。
 

いつも下、向いてませんか?

ほら、スマホとか……

 

ストレートネックはそのまま固まっている状態です。

固まってしまったら、ただそれを緩めてあげればいいだけです。
 

状態がそんなに悪くなければ、上を向くだけ・首を回すだけでも直るでしょう。

それだけでは動かないくらいに固まっていたら、整体で動くようにすればいいだけです。

そしてそのあと、姿勢を気を付けるだけ。
 

歯磨きをすれば防げる虫歯のように、姿勢と運動で防げるのがストレートネックなのです。

 

専門的に細かいことを言うと、頸椎だけでなく背骨全体や骨盤も関係しますし、肩甲骨との兼ね合いもあります。

姿勢も座位、立位、歩行といろいろです。
 

ただ、枕はあまり関係ないです。

測ってもらって高い枕を作ったんですが……

という人も多いですが、頸椎の状態は結構簡単に変わりますので。
 

肩こりが改善した患者さんの喜びの声

※ここで紹介しているのは実際に通われていた患者さんからいただいたご感想ですが、効能には個人差があります。

肩こりがひどくていままでいろんな整体に行きましたが、吉祥寺悠心堂さんの整体はびっくりするくらいに楽になりました。

押さえてもらうところが全部ツボに当たってて、すごく上手だと思いました。

とくに肩甲骨はがしが気持ちよすぎて、背中に何か乗ってた感じがなくなりました。

駅チカでお店も綺麗だし、ぜひまた行きたいです。

本日仕事前にお邪魔させていただきましたKです。

とりあえず、肩に全く重みがないのです~。びっくりです。肩こってるのはわかっていたのですが・・・・・。

なんか鎧(ヨロイ)をぬいだような感覚です。

また、ちょっと重くなるかもといわれていましたが現時点では何もかわったことはありません。

それと、デスクワークをして立ち上がったときよく立ちくらみしてたんですけどそれも今日1日はありませんでした。

すごくうれしくて、職場についた瞬間、「整体してきましたー」と職場の人に報告するくらい頭の中もすっきり。

なんか慢性的に頭も回転してなかったような気がします。
そんなので仕事よくやってたな、と思うくらいです。
多分仕事の能率も相当落ちてたと思います。

あと、家でも疲れ果ててて話すのも面倒、という感じが特に最近ずっと続いていたのですが「面倒」という感覚が薄れたようにも思います。
疲れていて時間に追われているのにはかわりませんが。

それにしても頭すっきり。

とりあえず肩こりで頭いたい、って言う人全員整体に行ったらいいんじゃないか、くらいの感じでいまだに感動しています。

それと治療前に「今頭いたいですか?」と聞かれて「痛くないです。」と言って、終わったあとに「どうですか?」と聞かれて「痛くないです。」といったその同じ言葉やっぱり違っていました。

治療前は慢性的に痛かったので肩こりと同様、痛いことがわかっていたけどわかっていなかったのです。

帰りのロッカーでいつも会う先輩に「週末は疲れますよね~」なんていうのが常だったのですが、今日はなんか自然に笑えてきて

「整体行ったおかげで週末のりきれます~」

という会話になっていました。

今後ともよろしくお願いします! (30代女性、会社員)

 

施術を受けてみたいと思ったら

「施術を受けてみたいなぁ」と思われた方は、営業時間や料金などをご確認のうえ、お問い合わせください。

施術は予約制となっております。


 
 


 

TEL 0422-72-1822
「ホームページをみて…」とお電話ください
 

● 診療時間 10:00~20:00(土・祝 18:00まで)
● 定休日 水曜日・日曜日
 

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-3 劇団前進座ビル 603