自律神経失調症を自力で改善する

自律神経失調症を改善するためにできることを紹介します。

その前に、自律神経のことがわかっていたほうがより効果があがりやすくなりますので、少し自律神経のことをお伝えします。

 

自律神経失調症とは?

自律神経は体の「働き」をコントロールしている神経です。
 

例えば、

走って筋肉にある酸素が不足してきた。
  ↓
呼吸を早くして酸素を体内に取り込む。
  ↓
取り込んだ酸素を早く全身に行き渡らせるために心臓を早く動かす。

このような「働き」をコントロールしているのが自律神経なのです。
 

体が生きていくために必要な神経ではあるのですが、困ったことに誤作動することがあります。
 

走っているときに呼吸や心拍が早くなるのは正常です。

しかし何もしていない、必要のないときに呼吸や心拍が早くなることがあります。

このように頻繁に誤作動を起こすような状態を自律神経失調症と言います。

 

自律神経は緊張するほうに傾きやすい

自律神経は「緊張」と「リラックス」のバランスを調整します。

運動しているとき、仕事しているときなどは「緊張」。
ご飯を食べているとき、寝ているときは「リラックス」。

しかし、長期に渡り仕事が忙しすぎたりすると、緊張しっぱなしになって、リラックスすることができなくなります。
 

実は自律神経は緊張しやすいようにできています。

これは自然界で身に危険が及んだ際にとっさに対応できるように、体に元々備わっている性質なのです。

 

自律神経が緊張するとこんな症状が

眠れない、動悸、息がしにくい、食欲不振、便秘下痢、冷え、のぼせ、めまい、生理不順、不安感、などなど。

睡眠・食事・排泄など、働きに関する様々な症状に関係してきます。

 

なぜ緊張しすぎてしまうのか?

患者さんをみていて感じるのが、一番は「働き過ぎ」。

とにかく休みもほとんどなく、連日帰宅は深夜。それでいて朝は早い。ろくに食事も摂れていないという人さえいます。
 

次に多いのが「強い精神的なストレス」。

多少のストレスは誰にだってありますが、それにも許容できる度合いがあります。

あまりに強いストレスを受け続けると体が耐えられなくなってしまうのです。

 

自力で改善させるためにできること

働き過ぎの人は、とにかくしっかり休む。寝る。

そして、その生活を見直してください。同じように生活していると改善するのがかなり難しいです。
 

強い精神的なストレスを受けている人は、そのストレスの元を解決するか、そこから離れましょう。

原因となるストレスの元が近くにある限り、改善するのは難しいと思います。
 

自律神経失調症は病気ではありません。いろいろな症状が現れているだけです。

その症状が現れているのは、それまでの生活の仕方や環境が体の限界を超えたものだったのか、そもそも合っていなかったということです。
 

生活の仕方、環境を見直すということが、改善するために一番大事なことになります。

 

整体も助けにはなります

ご自身の生活や環境を改善していくことが前提ですが、整体も改善のための助けにはなります。

体の調子が良くなれば、それだけ自律神経の働きも良くなるからです。

当院でも多くの方が改善していますので、よろしければご相談ください。

 

【よくある質問】何回通えば治りますか?

何回くらい通わないといけないのか?

不安になりますよね。皆さん同じように思っておられます。

ですからこれは本当に多い質問です。
 

しかし、本当に申し訳ないのですが、「やってみないとわからない」としかお答えできません。
 

2~3回で、ほぼ症状が出なくなったという人もいました。

3ヶ月通い続けても、ほとんど改善が見られなかったという人もいました。
 

無理に通ってもらうようなことはしませんので、効果が感じられなければやめていただいて構いません。

 

あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師 稲田靖人 監修