ギックリ腰、辛いですよね。

動くのも一苦労なので、この痛みをどうにかしてほしいと藁にもすがる思いで来院される方が多いです。

鍼(はり)を刺したら痛みが消えてなくなると思って。
 

大変申し訳ないのですが、

そんな簡単に、鍼を刺しただけではギックリ腰の痛みは消えません。

 

鍼は決して、痛み止め(麻酔)以上のもではありません

鍼は、麻酔のように痛みを消し、また麻酔のように切れることもない。

そんな風に思っていませんか?
 

でもそんな魔法のようなものじゃないんですよ。

そんな都合の良いものなら、お医者さんが使っていると思いませんか?
 

皆さん、麻酔は「痛みは消えるけど薬が効いている間だけ」ということをすごくよく理解されています。

鍼の場合も、麻酔と同じように「鍼を刺せばこの痛みは消える」と思っている人が多いです。

だから、鍼を刺すのは怖いけど、この痛みには変えられないという感じで来院されます。
 

でもそんなことはないんです。そりゃこっちだって、鍼を刺しただけでギックリ腰の痛みが消え去ってくれたら、そんなに嬉しいことはありません。

想像してみてください。

鍼を刺しても痛みが取れなかったときのガッカリされている患者さんの顔。
 

私はその様を見る度、本当に申し訳なくやりきれない思いに押しつぶされそうになります。

 

ギックリ腰は治ります

鍼を刺して、一発で腰の強い痛みがスカッと消えてなくなることはありません。

しかしギックリ腰は筋肉のケガなので時間が経てば治ります。

早ければ1週間。遅くても2~4週間ほどで痛みはなくなり普通に動けるようになります。
 

整体や鍼は、1週間かかるところを5日にするとか、そういうレベルで「治りを早く」することはできます。その程度です。過度に期待はしないでください。

ですから、ギックリ腰になったら最低でも1週間は痛いものだと諦めてください。

 

最低でも3回は通ってください

当院の施術では、ギックリ腰は一発で治ることはありません。

最低でも3回は通ってください。

3回かけて治していきます。場合によってはそれ以上かかることもあります。

 

あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師 稲田靖人 監修