妊娠しやすい体作りに力を入れだした理由

鍼灸治療はホルモンバランスを整える効果や冷えの改善など、女性の体のトラブルと相性の良い治療です。
しかし私は最初のころは不妊の患者さんは一切受けていませんでした。

理由は、不妊治療はデリケートなものでもあるし、女性の鍼灸師が治療した方がいいと考えていたからです。
 

そんな風に考えていたのですが、普通に肩こりで通ってくれていた患者さんが、どうしても私に不妊鍼灸をしてほしいと言ってくれました。

先述した理由もあり、当時は不妊について全然勉強もしていなかったので無理だと断っていたのですが、それでも鍼灸を受けるならどうしても私に治療してほしいと頼まれました。

そこまで言ってもらえるなら、こちらも勉強させてもらいながらでもよければと言うことで引き受けることになったのです。
 

それから師匠に不妊体質を改善するためにはどう治療したらいいのか指導を受けながら治療を続けていきました。
すると、なんとその患者さんが妊娠されたのです。
 

本当に喜んでもらえました。

私は女性鍼灸師でないとだめだと勝手に思い込んでいましたが、患者さんが男性の私でもいいと思ってくれれば、お役に立てるんだと気づきました。
 

それから不妊治療について勉強を重ねました。
そして「不妊治療」という言葉より「妊娠しやすい体作り」の方がいいなと思い、いまはそう呼んでいます。