吉祥寺の鍼灸整体院 院長ブログ

手をパーしたり、雑巾しぼりで親指の付け根が痛い

 
いつもブログ読んでくださってありがとうございます。
吉祥寺悠心堂、院長の稲田です。
 

手をジャンケンのパーするように開いたり、雑巾しぼりで力を入れたときに親指の付け根が痛いという症状。

60代の方ですがもう一年くらいはそんな感じで、整形外科では手術をすすめられているそうです。

しかし、知り合いに似たような症状で手術したけど全然良くなっていない人がいるらしく、できれば手術はしたくないとのことでした。
 

このような症状は、手首から先の関節が硬いのです。


 

手首は、手根骨という石コロみたいな骨が集まってできています。

この小さな骨同士のつながりが、それぞれ関節になっていて、この関節が固まって動かなくなっています。
 

動かないからこそ指を動かしたときに腱がこすれて炎症を起こしたり(腱鞘炎)、無理な動きをするしかなく腱を痛めたりします。

この関節をひとつひとつ丁寧にゆるめていくと、手全体がやわらかくなり症状がなくなります。
 

この方も、タオルで試してもらうとしぼる動作での痛みが全くなくなりました。

 

施術中に質問されたのが、

「完全に固定されたら痛みはなくなりますか?」

ということ。
 

なんか少し寂しい気持ちになってしましました。

と言うのも、完全に固定されるということは、思い通りには動かせないわけですから不自由になります。

それでも「痛くないほうがいい」という思いの現れだからです。
 

確かに完全に固まってしまったら、そのほうが痛みは無くなりそうな感じはします。

しかしこれは逆で、人間の体というものは硬いから、動きが悪いからこそ痛みが出ます。

柔らかい、関節が自由に動けると痛みはないのです。
 

子供は柔らかく関節は自由に動きます。だからそのような痛みは訴えません。

何か特別な病気がない限りは、誰しも子供のころからそのような痛みを抱えているわけえはありません。
 

そのような関節の硬さ、動きの悪さの多くは次のことが原因で起こります。

使いすぎによるケガ的なもの。(昔、腱鞘炎があった、など)
姿勢が悪いために無理な使いかたからくるもの。(骨盤の歪み、足の長さが違う、など)

 

関節の硬さからくる痛みは、関節の動きを良くしてあげたら無くなります。

手術をする前に、一度試してもらいたいなぁ、と心底思います。

 

● 吉祥寺悠心堂ホームページ
● 妊娠しやすい体作り専用サイト

● 診療時間 10:00~20:00(土・祝 18:00まで)
● 定休日 水曜日・日曜日
● 〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-3
  劇団前進座ビル 603
● TEL 0422-72-1822
  「ホームページをみて…」とお電話ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

よろしければこのブログをお気に入りへ
  ↓↓↓
ブログランキング参加中
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ 人気ブログランキングへ

カテゴリー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ