吉祥寺の鍼灸整体院 院長ブログ

手で体を診るということ

 
いつもブログ読んでくださってありがとうございます。
吉祥寺悠心堂、院長の稲田です。

整体などの手技療法では「手」で触ることで状態を把握していきますが、これを「触診(しょくしん)」と言います。

筋肉の硬さや関節の動きやすさなどを触って確認するのですが、このような「ただ触るだけ」でわかる単純なものだけを診ているわけではありません。
 

例えば、立っている患者さんの骨盤を両手で触ります。

骨盤の骨には「上前腸骨棘」という部分がありますが(ベルトがひっかかる出っ張ったところ)、ここを両手で左右同じように触ります。

そしてこの上前腸骨棘の位置を三次元的に前後左右上下でどの座標にあるのかを頭の中でイメージします。
 

触診とは、手で触って情報を得て頭の中で体の状態が映像化していく診察法なのです。
そのためには解剖学の知識が必要不可欠になります。

 


僕はこのように患者さんの体が、頭の中でレントゲンのように透けて見えています。
 

こうして触ることで体の状態がわかるからこそ、どのような施術をすればいいのかもわかります。

そして、施術後にちゃんと良くなっているかどうかもわかるのです。

 

● 吉祥寺悠心堂ホームページ
● 妊娠しやすい体作り専用サイト

● 診療時間 10:00~20:00(土・祝 18:00まで)
● 定休日 水曜日・日曜日
● 〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-3
  劇団前進座ビル 603
● TEL 0422-72-1822
  「ホームページをみて…」とお電話ください

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

よろしければこのブログをお気に入りへ
  ↓↓↓
ブログランキング参加中
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ 人気ブログランキングへ

カテゴリー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ