「あご」の関節は、ちょうど耳の穴の前あたりにあります。


 

  • 大きく口を開くと痛い
  • 食事中、噛むと痛い
  • ひっかかって口が開かない
  • 音が鳴る

このような症状があるものを顎関節症(がくかんせつしょう)と呼びます。
 

顎関節症とは?

顎関節の構造


頭の骨は立体パズルのようなものです。
 


あごの骨は「下顎骨(かがくこつ)」と言って、公園にあるブランコのように頭の骨に筋肉でぶら下がっています。
 


上の歯が付いている骨は「上顎骨(じょうがくこつ)」といいます。
上顎骨は、実際はこのように分解することはできませんが、少しだけ動いたりします。
 

顎関節の動き

口を大きく開く際には、顎関節から下顎骨が外れて前へずれる動きをします。この「関節が外れる」という動きがあることで大きく口を開くことができます。
 

「関節が外れる」とは言っても、これは正常な関節可動域というものがあり、その範囲内であれば問題ありません。(むしろその動きがなければ大きく口が開きません)

一般的に言う「あごが外れる」という状態は、この正常な関節可動域以上に大きく外れ、元に戻らないことを言います。
 

顎関節症になる理由

1.筋肉のトラブル

あごの骨はブランコのように頭から筋肉でぶらさがっている構造になっています。

歯並び・噛み合わせの具合で、噛む力の入り方が左右で異なれば、片方だけ筋肉が硬くなりバランスを崩します。

そのため正常な動きができなくなり症状がでてきます。
 

その他、大きなストレスがあるときや、歯ぎしりがある場合などは、筋肉の過度の緊張が起こり、口が開かなくなることがあります。

2.体の歪み・傾き

例えば普段から頭が傾いていたとします。

口を開くとき、あごの骨は重力に対して真っ直ぐ開きます。このとき、頭は傾いているので頭に対してあごが歪んだ状態になります。

このような状態が長期間になると、あごが歪んでしまい正常な動きができなくなってきます。

病院にいく場合は何科に行けばいいのか?

口の症状なので一般的には「歯科・口腔外科」になります。

個人的には関節の症状なので整形外科の範囲ではないかと考えるのですが、顎関節症専門の歯科医もいるそうです。
 

当院にいらした患者さんの話しを伺っている限りではマウスピースを作ることが主な治療のようですが、歯を削って噛み合わせを調整している場合もあります。

他にも治療法はあるのかもしれませんが、病院ではだいたいこのような感じの治療を受けておられるようです。
 

整体で顎関節症の施術

当院では顎関節症に対して整体を行います。

まず原因になり得る、筋肉の緊張や体の歪みを整えます。
 

そして、顎関節や頭蓋骨の歪みを整えます。


 

頭蓋骨の施術は、指先で軽く押さえて調整していきます。

受けている方は「触られているだけ」という感じで、痛みはありません。

 

施術を受けてみたいと思ったら

「施術を受けてみたいなぁ」と思われた方は、営業時間や料金などをご確認のうえ、お問い合わせください。

施術は予約制となっております。