「肩の高さが違う」のも肩こりの原因となる
 

いつもブログ読んでくださってありがとうございます。
吉祥寺悠心堂、院長の稲田です。
 

「写真を撮るときに『肩の高さを揃えてください』ってよく言われます」

これも肩こりの患者さんからよく聞く言葉です。
 

肩の高さが違う原因は、次の2つです。

  • 背骨が歪んでいる
  • 肩甲骨の位置が左右で違う

 

背骨が歪んでいる

まず背骨の歪みが原因の場合。

ほとんどの人が、土台となる骨盤が歪んで傾いているので背骨も歪みます。

大きくCのように歪んでいたり、Sのように歪んでいたりします。

体が傾いているので肩の動きは左右で違ってきますし、負担がかかりやすくなって肩こりの原因となります。
 

この場合、骨盤の歪みを整えて背骨を調整します。

 

肩甲骨の位置が左右で違う

肩甲骨とは、背中にある腕の土台となる骨です。

腕を動かすと、肩甲骨も同時に動きます。
 

体が傾いていると当然肩甲骨が左右で位置が違ってきます。

しかし、ただ傾いているだけではなく、肩甲骨そのものの動きが悪くなっている場合があります。

人によっては、全く動いていない場合もあるのです。
 

肩甲骨を動かすための筋肉が肩こりで辛い筋肉なので、肩こりと肩甲骨は切っても切れない関係です。

この肩甲骨をきちんと動くようにすると、あるべき位置に戻り左右が揃います。

 

複合的に関係している

背骨と肩甲骨を分けて説明しましたが、どちらかひとつだけが問題というこはあまりありません。

ほとんどが両方とも問題を起こしています。
 

そのため当院の肩こり改善のための施術は、骨盤・背骨の歪みを整えてから肩甲骨の動きを改善させます。
 

肩こり


 

 

● 【いんちょう物語】ベーチェット闘病記

● 吉祥寺悠心堂ホームページ
● 妊娠しやすい体作り専用サイト

● 診療時間 10:00~20:00(土・祝 18:00まで)
● 定休日 水曜日・日曜日
● 〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-3
  劇団前進座ビル 603
● TEL 0422-72-1822
  「ホームページをみて…」とお電話ください