院のなりたち

はじめまして、鍼灸整体院 吉祥寺悠心堂の稲田靖人です。

2003年に「鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師」の国家資格を取得し、2006年に奈良市で開業したのですが東京への憧れがあきらめきれず2011年に吉祥寺に移転してきました。

実はその移転の直前に東日本大震災が起こりました。

震災と原発事故の混乱の中、初年度はなかなか思うようにはいかずに東京への移転は失敗に終わるかと覚悟したのを覚えています。

しかし地域の方々に支えられてなんとかここまでやってこれました。

これからも鍼灸・整体で地域の方々が健康に過ごすお手伝いをさせていただければと思っています。

ミッション(使命)

こり・痛みなどの不快な症状は「身体が正常ではない」ことを教えてくれるサインです。
日常生活をおくるなかでの身体のクセがその状態をつくりだしています。

生まれたときから肩こり・腰痛の人がいないように、身体を正常な状態に戻してあげることで不快な症状はなくなります。

症状があってもなくても、健康診断を受けるように全ての人が身体をメンテナンスする世の中にしたいと思っています。

 

最近取り組んだ症例

手を上げると二の腕から手首にかけて痛みが走るという患者さま。

整形外科では石灰沈着があるとのことで内視鏡手術をされました。

しかし症状は改善することがなく、当院に相談にこられました。
 

身体を診せていただくと肩関節まわりがガチガチに固まっていてかなり動きに制限がありました。

動きにくいのに無理やり動かしているから痛みが出ているようでした。

肩関節まわりはとても複雑な構造です。それを少しずつ少しずつゆるめて動きやすくなるように調整していきました。

そうして肩関節が本来の動きを取り戻すことによって手を上げたときの痛みもなくなりました。
 

今回のケースは石灰沈着があったことは間違いありません。

しかし痛みの原因であったであろう「肩関節の動きの悪さ」はレントゲンには写らないものです。

高度な検査機器よりも原始的な「手で触れる」という検査だからこそたどり着いたと言えます。

 

院長プロフィール

院長の稲田靖人は昭和52年に京都市生まれ。
家族は父と母、弟2人に妹という6人家族の長男として育ちました。

学生時代はサッカーをしていて、高校1年のときにJリーグが開幕し空前のサッカーブームのなか毎日ボールを追っかけていました。

20歳のときに目の病気を発症し、どんどん視力が下がっていき視覚障がい者となりました。

そこから盲学校へ通い、国家資格の「鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師」免許を取得。

免許取得後すぐに、専門学生時代から師事していた鍼灸の大家のもとへ弟子入りすべく高知県に移住。

高知での3年間の修行を経て、2006年に妻の地元である奈良市で独立開業。

高知で学んだ鍼灸の理論は「気(エネルギー)の調整」が主なものだったのですが、開業して実際に患者さまと向き合うとそれだけでは限界を感じ、筋骨格の重要性に着目するようになりました。

そこからは「筋肉」「関節」そして「身体のバランス」と、それぞれの理解を深める勉強を続けていまに至ります。

「日本あマ指医学会」の代表として治療技術を指導もしています。

診療科目

運動器系
慢性的な痛み・しびれ
肩こり、腰痛、五十肩、頭痛、膝・肘・手首・足首など関節の痛みなど

婦人科系
生理痛、月経不順、冷え性、妊娠しやすい身体作り、マタニティ整体、逆子のお灸、産後の骨盤調整など

患者さまのコメント

本日仕事前にお邪魔させていただきましたKです。

とりあえず、肩に全く重みがないのです~。びっくりです。
肩こってるのはわかっていたのですが……

なんか鎧(ヨロイ)をぬいだような感覚です。
また、ちょっと重くなるかもといわれていましたが現時点では何もかわったことはありません。

それと、デスクワークをして立ち上がったときよく立ちくらみしてたんですけどそれも今日1日はありませんでした。

すごく嬉しくて、職場についた瞬間「整体してきました~」と職場の人に報告するくらい頭の中もすっきり。

なんか慢性的に頭も回転してなかったような気がします。
そんなので仕事よくやってたな、と思うくらいです。
多分仕事の能率も相当落ちてたと思います。

あと、家でも疲れ果ててて話すのも面倒、という感じが特に最近ずっと続いていたのですが「面倒」という感覚が薄れたようにも思います。

疲れていて時間に追われているのにはかわりませんが。

それにしても頭すっきり。
東洋医学の神秘ってこれですかね。
とりあえず肩こりで頭いたい、って言う人全員整体院に行ったらいいんじゃないか、くらいの感じでいまだに感動しています。

それと、治療前に「今頭いたいですか?」と聞かれて「痛くないです」と言って、終わったあとに「どうですか?」と聞かれて「痛くないです」と言ったその同じ言葉はやっぱり違っていました。

治療前は慢性的に痛かったので肩こりと同様、痛いことがわかっていたけどわかっていなかったのです。

帰りのロッカーでいつも会う先輩に「週末もつかれますよね~」なんていうのが常だったのですが、今日はなんか自然に笑えてきて「整体行ったおかげで週末のりきれますわ~」という会話になっていました。

今後ともよろしくお願いします! (30代女性、会社員)