いつもブログ読んでくださってありがとうございます。
吉祥寺悠心堂、院長の稲田です。
 

口が開けられない、噛み合わせが悪いなど、あごの関節のトラブルを顎関節症といいます。

あごの骨は、上あごの骨(上顎骨)と、いわゆるあごの骨(下顎骨)があります。
 

この下顎骨は頭の骨に筋肉ぶらさがっている構造になっていて、この筋肉が硬くなりすぎると口が開きにくくなります。

食いしばり、歯ぎしりなどがある人は、このような状態になりやすいです。
 

また、下顎骨の幅は変わりませんが、頭の骨の幅が変わると、下顎骨がうまくはまらなくなります。

それであごがゆがんでしまうことがあります。

実は頭の骨の幅って変わるんです。

これも原因は食いしばり・歯ぎしりだったりするのですが。
 

また、首のゆがみやコリなんかも関係してきます。
 

顎関節症の治療は、骨盤・背骨のゆがみを調整して首のコリを取り。

頭の形を調整して、顎関節の動きを調整する。

というようになります。
 

噛み合わせも良くなりますよ。
 

当院の顎関節用の治療について

【顎関節症】あごの痛みなら、吉祥寺の鍼灸・整体 悠心堂へ