いつもブログ読んでくださってありがとうございます。
吉祥寺悠心堂、院長の稲田です。
 

口が開けられない、噛み合わせが悪いなど、あごの関節のトラブルを顎関節症といいます。

あごの骨は、上あごの骨(上顎骨)と、いわゆるあごの骨(下顎骨)があります。
 

この下顎骨は頭の骨に筋肉ぶらさがっている構造になっていて、この筋肉が硬くなりすぎると口が開きにくくなります。

食いしばり、歯ぎしりなどがある人は、このような状態になりやすいです。
 

また、下顎骨の幅は変わりませんが、頭の骨の幅が変わると、下顎骨がうまくはまらなくなります。

それであごがゆがんでしまうことがあります。

実は頭の骨の幅って変わるんです。

これも原因は食いしばり・歯ぎしりだったりするのですが。
 

また、首のゆがみやコリなんかも関係してきます。
 

顎関節症の治療は、骨盤・背骨のゆがみを調整して首のコリを取り。

頭の形を調整して、顎関節の動きを調整する。

というようになります。
 

噛み合わせも良くなりますよ。
 

当院の顎関節用の治療について

顎関節症・あごの痛み


 

 


 

TEL 0422-72-1822
「ホームページをみて…」とお電話ください
 

● 診療時間 10:00~20:00(土・祝 18:00まで)
● 定休日 水曜日・日曜日
 

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-3 劇団前進座ビル 603