いつもブログ読んでくださってありがとうございます。
吉祥寺悠心堂、院長の稲田です。
 

体って、何十年もずっと使っていると、どこか硬くなったり動きにくくなったりするものです。

健康診断では内科的な検査がほとんど。

外科・整形外科といっても画像診断がメイン。
 

いまの医療では、レントゲンやMRIには写らない、関節の動きの問題などはほぼ手つかずの状態です。
 

関節の動きが良くなったからって、全ての病気が治るとか、そんなのはありません。

でも、治る痛みとかってあるんですよね。
 

関節の硬さを感じる力、改善させる技術。

これらは職人技のようなものであるので、技術者を簡単に量産することができないし、機械で代替するのも難しい。
 

でももし、世の中全ての人に、構造的な問題を改善させることができたら……

いまよりもずっと良い世界になりそうな気がします。