いつもブログ読んでくださってありがとうございます。
吉祥寺悠心堂、院長の稲田です。
 

体に関する悩みと日々向き合っています。

でも僕自身は目の病気とかありますが、自分の体に関することではそんなに悩んでいません。
 

普段、一番の悩みは趣味の囲碁がなかなか上達しないことです。

 

しかし、ここ最近、体の悩みができました。
 

2ヶ月後、消化器系の検査をすることになったのです。
 

しかもなんと!

「カプセル内視鏡」といって、カプセルに内蔵されたカメラを飲み込んでお腹の中から送られてくるデータを受信するという、未来の検査方法です。
 

電磁波がどうとか、そんなの関係ねぇ!です。

電磁波、全く気にしない性格ですけど。
 

そのために前日21時から絶食だそうなんですが、まあ断食経験もある僕としてはそれくらい何でもないです。

朝のコーヒーが飲めないのは辛いですが。

 

でも「悩み」とはこんなことではありません。
 

もっと深刻です。海よりも深い悩みです。

 

消化器内から送られてくる画像データとの関係性を調べるために、なんと「検便」もするそうなのです。

僕の知る限り、検便も人生初です。

小学校のときにギョウ虫検査はしたことあります。

 

検便の何が問題なのか?

それは、僕のお腹が基本的にゆるいことです。
 

普段はゆるいくらい、全く気になりません。

調子が悪いとしても、それが原因で消化器系の病気になっても、それが悪化して死んでしまっても別にいいかな、ってくらいに思ってます。
 

ただ、通常運転の便で検便ができるのか?

これは問題です。
 

検査をするためだけに、何らかの治療が必要になるかもしれないという、矛盾に満ちた支離滅裂な展開があるやもしれないという。

いや、だから俺は別にそのまま死んでもいいだってばよ……

 

さて、どうしますかね。
 

とにかく審判の日まで、ジャッジメントディまでに。(#なぜ英語にした?)

検便に耐えうる便に。
 

#ビール断ちしたらいいんじゃない?
#うん、きっとそうだ
#検便
#カプセル内視鏡

 


 

TEL 0422-72-1822
「ホームページをみて…」とお電話ください
 

● 診療時間 10:00~20:00(土・祝 18:00まで)
● 定休日 水曜日・日曜日
 

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-3 劇団前進座ビル 603