いつもブログ読んでくださってありがとうございます。
吉祥寺悠心堂、院長の稲田です。
 

日本には皆保険という素晴らしい制度があります。

そのおかげで、国民は安心して生活を送ることができます。
 

海外暮らしに憧れがあっても、医療にかかることを考えたら、

「やっぱり日本がいいよね~」

ってなってしまいます。

 

しかし、これには弊害があると言ってもいいと思っています。
 

子供のころから、何かあったら病院にいくという経験が作り出す常識。

これは逆に言うと、何かあるまでは、何もしないということ。

 

悪くならないための予防

虫歯にならないために歯を磨く。

これは一応、一般常識になっています。

たまに歯を磨かないっていう人のことを聞きますけど、限りなく少数派でしょう。
 

痛みに関しても同じことが言えます。

痛くならないための体の使い方というものがあります。
 

しかし、メンテナンスしていない体では、その「痛くならないための体の使い方」ができない場合があります。

だから整体で調整してもらいたいんですね。

 

長期間、無理な使い方をして発症した痛みは、治すのが大変なんです。
 

痛くなってから、初めて病院にいく。

当たり前といったら当たり前です。
 

でもこの常識を変えていきたいなぁと本気で思っています。