顎関節症(がくかんせつしょう)の整体について

顎関節症ってどんなの?

顎関節(がくかんせつ)はちょうど耳の穴の前あたりにあります。

顎関節症

そこが

・大きく口を開くと痛い
・食事中、噛むと痛い
・ひっかかって口が開かない
・音が鳴る

このような症状があるものを顎関節症と呼びます。

病院は何科に行けばいいのか?

口の症状なので一般的には「歯科・口腔外科」になります。

個人的には関節の症状なので整形外科の範囲ではないかと考えるのですが、顎関節症専門の歯科医もいるそうです。

当院にいらした患者さんの話しを伺っている限りではマウスピースを作ることが主な治療のようです。

歯を削って噛み合わせを調整している場合もあります。

他にも治療法はあるのかもしれませんが、病院ではだいたいこんな感じの治療を受けておられるようです。

顎関節の仕組み

アゴの骨は「下顎骨(かがくこつ)」と言って、公園にあるブランコのように頭の骨に筋肉でぶらさがっています。

口を大きく開く際には、顎関節から下顎骨が外れて前へズレる動きをします。この「関節が外れる」という動きがあることで大きく口を開くことができるのです。

「関節が外れる」とは言っても、これは正常な関節可動範囲というものがあります。

一般的に言う「アゴが外れる」という状態はこの正常な関節可動範囲以上に大きく外れ元に戻らないことを言いますので、意味は違います。

またアゴの動きは顎関節はもちろんのこと、舌も大きく関係します。

口は、呼吸・食事・発声など多くの役割があります。そのため非常に複雑な仕組みになっています。

筋肉が原因の顎関節症は整体で改善する

アゴの骨は筋肉でぶら下がっています。

この筋肉が凝り固まってしまうと、口が開きにくくなります。

筋肉の凝り固まり具合が左右で違えば、口の開き方が変な感じになっていきます。

そんな状態が長く続けば、関節が耐えきれなくなり痛みが出てきます。

こういった「筋肉が原因の顎関節症」は、凝り固まった筋肉をゆるめてあげれば改善します。

何回くらい、どのくらいの期間通えば改善するのか?

顎関節症

症状が軽ければ1回の施術で変化を感じれる場合もあります。

顎関節症は顎関節だけの問題ではなく、首や肩なども関係しており原因が複雑です。

全く何も感じないくらいに症状を消し去ることは難しく感じています。

それでも3回くらいで、日常生活に不便はなくなることが多いです。

期間としては1~2ヶ月くらいでしょうか。

逆に3回施術しても全く変化がないようでしたら、当院ではそれ以上の改善は見込めない顎関節症であると言えます。

何回くらいの施術で改善するのか?

そもそも改善する顎関節症なのか?

これは施術してみないとわからないのが正直なところです。

何が原因でそうなるのか?

元々の歯並び・歯の噛み合わせ具合で、どちらか片方が噛みやすいがために同じ方ばかりで食事を噛み続けた。

こんな人が多いです。

また、無意識的な食いしばりや睡眠中の歯ぎしりなども、アゴを動かす筋肉がすごく硬くなります。

このとき噛み合わせが左右で違えば、筋肉の硬さも左右でアンバランスになります。

しかし、これは致し方ないところもあります。

あと、姿勢が悪くてなる場合もあります。

アゴの動きは首の歪みとも関係が深く、姿勢が悪いことが首の歪みを作り顎関節の動きを制限することがあります。

病院に行っても治らなかった顎関節症

やはりまずは病院(歯科・口腔外科)で医師にご相談ください。
(病院なら保険も効きますので)

それでも改善が見られなかった場合、整体が適しているかもしれません。

顎関節症

診療時間・定休日

  • 平日 10:00~20:00
  • 土・祝 10:00~18:00
  • 定休日 水曜日・日曜日

ご予約・お問い合せ

「ホームページをみて・・・」とお電話ください

0422-72-1822

メールでのお問い合わせはフォームよりお願いします

ページの先頭へ